Updating the Address Book: アドレス帳の切り替え

a0097015_20192366.jpg

Recently I updated my address book. I have all of my family’s, friends’, and work related contact information on the computer, but I like to
carry a conventional paper address book in my purse. This gives me
a sense of relief (just in case the electronic data is wiped out) and
some warmth stemming from hand-written information. I have been
using the same address book for 15 years or so and during the whole
time I was simply repeating the process of crossing out the old
information and giving a new entry whenever the changes occurred.

The other day my buddy address book finally got my attention. In my
eyes, it looked worn-out with my finger actions and was running out
of blank space. Then I bought a new address book and transferred
all the contact information from one to the other. This was a good
chance to refresh my contacts info up to date. Now I’m happy to have
an address book with the volume of information slimmer and lighter.

“Thank you and good-bye” to my old address book and “Welcome and
nice to meet you” to my new address book.

----------------------------------------------------------------

最近アドレス帳を新しいものに切り替えました。家族や親戚、友人・知人、仕事関連の連絡先は全てコンピュータに入力してあるのですが、それとは別に、昔ながらの紙のアドレス帳をショルダーバッグに忍ばせて持ち歩くのが好きです。紙のアドレス帳を持っていると、データは消されてしまうことなく常に保持できるという安心感や、「手書き」ということから伝わってくる暖かさがそこにはあって、ほっとします。 1冊のアドレス帳は買い替えることもなく、かれこれ15年もの間、役立ってくれました。変更がある度に線を引いては無効にし、空いているスペースに新しい連絡先を書き込むという作業を繰り返すことによって。

ふとある時この馴染み深いアドレス帳を眺めていて、いよいよ手垢で薄汚れて使い古され、空いたスペースも乏しくなってきているのが目に留まりました。やっと我に返って重い腰を上げ、新しいアドレス帳を買って来て、連絡先を古いアドレス帳から新しい方に移し替えた次第です。古くなったり不要になった情報を全て削ぎ落として、「最新情報」に生まれ変わったアドレス帳は、情報整理がされて、気のせいかスリムダウンして身軽になったように見えます。

古いアドレス帳には、「長年お世話になり有り難うございました。さようなら」そして新しいアドレス帳には「はじめまして。これからよろしくね。」と自分自身の中でも改めて声をかけ、新旧の切り替えを行った今日この頃です。
[PR]
# by yoshie_YW | 2007-03-14 11:04

Sense and Sensibility

a0097015_20124016.jpg

I saw “Sense and Sensibility” this evening. It’s based on the well-
known novel by Jane Austen and it’s directed by Ang Lee. I cannot
remember when I last saw this movie, but at least it must have
been over ten years ago. I’m glad that I saw it again after so many
years.

I was impressed by the beauty of its cinematography, the carefully-
chosen costumes and hairdos of the people of the era, and the
charming cast. I particularly found the two Dashwood sisters
contrastingly charming. Elinor, the oldest sister of the three, is mature and reserved. Marianne, the middle sister, is passionate and expresses
her emotions freely. Their personalities and styles are very differen
from each other, yet they somehow complement and support each
other.

The climax of this movie, I thought, is the scene where Edward Ferras
made a visit to the Dashwood family: When he broke the news that it
was not him but his brother Robert who got married to Lucy.
The discreet Elinor’s restrained emotions and feelings all came to the
surface and she burst into tears in front of everyone. This was to me
the most striking and beautiful act of human nature in the movie.

--------------------------------------------------------------------

昨日、Jane Austen原作でAng Lee監督による “Sense and Sensibility” を久しぶりで観ました。前回この映画を観たのはいつだったのか、はっきりは覚えていませんが、リリースされて間もなくのことだったと記憶しているので、少なくとも10年以上前のことになります。私はかなりの年月を経てから再び作品に触れるのが好きで、今回そんな機会を持つことができてよかったと思いました。

まず、イングランドの風景を中心とした映像が美しいことや、妥当な配役、登場する人々の衣装や髪型などが作品の描かれている時代を見事に映していることなどに印象づけられました。そうした全景からさらに作品へ入っていく中で、殊にDashwood家の対照的な二人の姉妹が魅力的で、興味をそそられました。堅実で冷静な三人姉妹の長女のElinorに対し、すぐ下の妹のMarianneは情熱的で感情を素直に表現します。こんな風に性格もスタイルもかなり異なっている二人なのに、なぜか折り合いが良く、お互いを必要とし、助け合っている姿は微笑ましい気持ちにさせられます。

この映画のクライマックスは、なんといってもElinorとは相思相愛のEdward FerrasがDashwood家を訪れた時のシーンです。Lucyと結婚したと思っていたEdwardから、結婚したのは実は彼の兄弟のRobertだったと知らされて、今まで押さえに押さえていたElinorの感情が 怒濤のごとく溢れ出し、感極まってみんなの前で泣き出してしまうのです。人間の感情の自然な姿とはかくもあろうかと、この思慮深いElinorの中で息づき表出された大切な感性を、新鮮な感動を持って見届けました。
[PR]
# by yoshie_YW | 2007-03-11 10:50

Visit to the Ferry Building: フェリービルディングでの一時

a0097015_1917084.jpg

I had a chance to visit downtown San Francisco for my passport
renewal. After taking care of the business part, I walked to the
Ferry Building. It’s always fun to check out the specialty shops of
different kinds of fresh produce, restaurants, cafes, and other
related shops in the building. On the weekends, this place is
crowded with the local people and tourists, but I like to take a walk
on a weekday when not many people are around.

Today I found a charming fruits shop named “Frog Hollow Farm” in the
corner at the back entrance of the building. Their pastries that use
fresh fruits produced in their orchard looked very natural and I was
magnetized to the pastry case for a while. In the next moment, I
found myself with a pear tartlet made of a half pear and almond
cream in my hand and came out onto the deck area through the back
entrance. I sat down on a bench from which I could look over the bay
and the Bay Bridge. Although it was not a perfect sunny day, I had a
peaceful moment of enjoying the gorgeous pear tartlet with the
magnificent view.

----------------------------------------------------------------
a0097015_20312219.jpg

今日はパスポートの更新で、サンフランシスコのダウンタウンへやって来ました。用事を済ませた後、一息付きたくなって、近くにあるフェリービルディングに立ち寄りました。ここには新鮮な野菜や果物や肉や魚などの市場が、それぞれの専門店に、お洒落な感覚で置き換わったような感じで立ち並んでいます。週末になると、地元の人達や観光客で賑わうこの場所も、平日は空いていて、こんな風にちょっとした合間を利用して、様々なお店を覗いてみるのが好きです。

今回は、ビルの後ろ側の出口の傍にある “Frog Hollow Farm” という可愛らしいフルーツショップが目に留まりました。たちまちの内に、お店所有の果樹園で実を結んだ果物をふんだんに使ったペーストリーのケースに釘付けになり、次の瞬間には、梨の半分を丸ごとアーモンドクリームと共に焼いたペアタートレットを手に、後ろ側の出口から続くデックに出て、ベンチに座っていました。ここは湾に面していて、間近にベイブリッジが見渡せます。眼前に広がるダイナミックな風景に魅せられながら、正に自然の恵みそのものという感じのデザートを堪能し、精神的に贅沢で穏やかな自分との対話の一時を過ごしました。
[PR]
# by yoshie_YW | 2007-03-09 19:12