Welcome to Yoshie's blog

これ以降の記事は、新しいブログを作りましたので、
こちらをご覧ください。

http://yoshieyw.exblog.jp/
[PR]
# by yoshie_YW | 2009-04-30 19:29

Autumn Colors at Shinrin Forest Park in Saitama

埼玉の森林公園の秋の色

11月に日本へ行った折に、埼玉県にある森林公園を
訪れました。実家のある川越から車で40分ぐらいでしょうか。
割と近くにあることは知っていましたけれど、
結局そのままになっていましたので、きっかけを作って
お散歩がてら行ってきたのです。

a0097015_11162720.jpg

今年は全般的に紅葉が遅れているとのことでしたが、実際に森林公園
を歩いてみた感触では、紅葉はそれでも例年の5割ぐらいには
達していたように思いました。

森林公園の秋の色は、もみじのいろいろなグレードに染まった紅でした。
彩やかで、優しくて、暖かな色の世界に包まれて
静かな感動が胸いっぱいに沸き起こってきました。

-----------------------------------------------------

Autumn Colors at Shinrin Forest Park in Saitama

While I was visiting Japan in November, I went to the Shinrin Forest
Park for a walk in Saitama Prefecture. The park was fairly close to
my hometown of Kawagoe City (about 40-minute drive),
but I did not make it until just recently for I had not try to make a
conscious effort.

a0097015_11165110.jpg

This year the leaves started to change to their autumn colors much
later than the usual year. About fifty percent of the leaves in the
Shinrin Forest Park were turning into yellow and red, which was more
than I expected.

Here at the Shinrin Forest Park, the predominant autumn colors were
the different hues of red in the Momiji maple leaves.
It was a quiet sensation, but I was deeply touched by the vivid, soft,
and warm world of autumn colors.
[PR]
# by yoshie_YW | 2007-12-05 14:01 | 日記・エッセイ

ハーフムーン・ベイでの秋の午後

この週末は、秋晴れの爽やかなお天気となりました。
サンフランシスコから30kmほど南西にある
ハーフムーン・ベイの海辺で、のどかな午後を過ごしました。

a0097015_1204521.jpg

波打ち際で、小さな海鳥たちの群をみつけました。
寄せては返す波の間に間で、何かの餌を必死で啄んでいるんですね。

この海辺から車で少し南に行くと、海岸の景色も変わります。
岩がところどころに散在し、海の色は少し青さを増します。

気が付くと、いつの間にか夕方になっていました。
小さなダウンタウンのお寿司屋さんは、活気に溢れていて、
海の近くでのお寿司は、ことのほか新鮮でした。

--------------------------------------------------------------------

An Autumn Afternoon at Half Moon Bay

The weather this weekend turned out to be the one of a beautiful
autumn day.
I spent a peaceful afternoon on the beach at Half Moon Bay.
Half Moon Bay is a Pacific coastal area located in the south-west,
about 30 km away from San Francisco.

a0097015_1159461.jpg

At the beach where waves were coming and receding, I found a
group of small birds. They were diligently eating something that the coming-wave left on the sand beach.

The scenery changed as I drove a little in the south. Rocks were
part of the ocean and the blue color of water got deepened.

Time passed by and I noticed that it was already in the evening.
The Sushi restaurant in the small downtown of Half Moon Bay
was lively. The Sushi by the ocean was particularly fresh.

-------------------------------------------------------------------

Un après-midi en automnn à Half Moon Bay

Le temps ce week-end était beau comme celui dans l’automn
typiquement.
J’ai passé un après-midi très calme à la plage d’Half Moon Bay.
Half Moon Bay est une region tout près de l’océan Pacifique dans
le sud-ouest, environ à 30 km de San Francisco.

a0097015_120127.jpg

À la plage où des vagues venaient et allaient, j’ai trouvé un groupe
des petits oiseaux. Ils mangeaient constamment quelque chose sur
la sable après une vague s’en est allée.

Le paysage a changé un peu dans le sud d’Half Moon Bay. On ont
trouvé des roches à la plage et le couleur bleu de l’océan était plus
fort.

Le temps s’est passé naturellement et un soir est arrivé déjà.
Le restaurant du Sushi dans la petite ville d’Half Moon Bay était
vivant.
Et le Sushi près de la mer était particulièrement frais.
[PR]
# by yoshie_YW | 2007-10-11 12:01 | 日記・エッセイ

At North Beach

ノースビーチにて

久しぶりで、サンフランシスコのダウンタウンへドライブし、
イタリアン街となっている、ノースビーチへやって来ました。
季節は秋に入っているのだけれど、この週末は、
明るい太陽の光が眩しいくらいに、良いお天気となりました。
メインの大通りのコロンバス・ストリートには、
軒を連ねるように、カラフルなイタリアンレストランや
カフェが並んでいます。

a0097015_1794375.jpg

お店の中にも前にも、ヨーロッパ風にアレンジされた
テーブルや椅子に座って、さまざまな人たちが、思い思いの
パスタやサラダ、デザート、ワインやエスプレッソなどを
楽しんでいるのが見えます。お店の前を通ると、イタリアの
オペラ音楽や民謡やポップスなどの曲が流れてきて、
なんとはなしに心が弾んできます。

そんな賑やかな光景を眺めながら、私もカフェに座って、
ラズベリーリングと共にカフェラテをすすり、太陽の下で
幸せな気分を味わいました。ノースビーチでののどかな午後は、
何故か時もゆっくりと過ぎていくようです。

---------------------------------------------------------------
At North Beach

The weather was gorgeous this weekend and I decided to visit
North Beach, known as the Italian district.
It has been a while since I drove to downtown San Francisco.
Now we entered the season of autumn, but the sun was
shining so bright and I could not resist my temptation to enjoy it.
On both sides of the main street of Columbus Avenue,
there were various Italian restaurants and cafés.

a0097015_17104174.jpg


Tables and chairs were arranged inside and in front of the places
just as if it were an European city. People were sitting at the tables,
enjoying their pasta, salad, dessert, wine, espresso drinks, etc.
Passing by each restaurant or café, I could hear Italian music
from operas to folk songs and pop music.
And the music made me feel joyful.

I also sat down at a table of a café and was having a raspberry ring
with café latte. I felt happy in the bright sun, simply watching the
lively scene in front of me.
Time somehow seemed to pass slowly at North Beach.

---------------------------------------------------------------
À North Beach de San Francisco

Il faisait beau ce week-end. Je suis venu à North Beach, l’endroit
italien de San Francisco. Ça fait quelques mois que je conduis à la
cité de San Francisco. Maintenant l’automn est arrivé ici, mais le
soleil était très fort et vivant comme l’été. Sur les deux côtés
d’Avenue Columbus qui était la rue principale, il y avais beaucoup
de restaurants et cafés.

a0097015_17114398.jpg

Des tables et chaises étaient arrangeés dans et devant ces
restaurants et cafés comme si il était une ville européenne.
Les gens avaient un bon temps pendant qu’ils avaient ses pčtes,
salades, desserts, vins, espresso, etc.
Je pouvais entendre de la musique italienne comme celles d’opéras,
de folkloriques, et de pops. La musuque m’a rendu heureuse.

Je me suis aussi assise à la table dans un café et ai essayé un pain
à la framboise avec un café latte. J’étais contente de regarder cette
scène devant moi.
Je ne sais pas pourquoi, mais il me semble que le temps pass
doucement à North Beach.
[PR]
# by yoshie_YW | 2007-10-04 17:00 | 日記・エッセイ

From the Neighborhood Park

近くの公園にて

家から歩いていけるところにある公園。
サンフランシスコ湾に面した運河を挟んで、対岸に白い家々が並んでいる。
ベンチに腰をかけながら、思いっきり深呼吸をしてみる。
周りには木々や花の緑が、そして、目の前には
どこまでも青い空と水が広がっている。
夏の日の週末の午後ののどかな時間。
日差しはまだ強くて眩しいけれど、
空気の中には早くも秋を感じさせる気配が。。。

a0097015_11165033.jpg

-----------------------------------------------------------
From the Neighborhood Park

To this neighborhood park, I can walk from my house.
From this park facing the San Francisco Bay,
I can see the white houses on the other side of the canal.
I breathe deeply, while sitting on the bench.
Around me, I’m surrounded by the trees and flowers that are green.
In front of me, the infinite blue sky and water spread over.
It is a peaceful summer afternoon,
The sun is still strong and bright.
At the same time, the air indicates a hint of the autumn that is
drawing near.

a0097015_1117311.jpg

[PR]
# by yoshie_YW | 2007-08-23 11:07 | 日記・エッセイ

「オ・タン・ジャディス」クレープリーにて

まだ梅雨の明けていないある日の午後、渋谷にあるクレープリー「オ・タン・ジャディス」を訪れました。友人の薦めてくれた素敵なクレープカフェです。賑やかすぎるほどの公園通りを、代々木公園に向かって上って行ったところを右に曲がると、静かなブロックに入り、その小さな通りにシックなレンガ造りの建物がありました。

a0097015_15102711.jpg

階段を下りて「オ・タン・ジャディス」のドアを開け、中へ入ると、すっきりとした空間が待っていました。こじんまりとしたカフェは、明るくてちょっぴりメルヘン調の雰囲気でした。ふっと寛いだ気分になり、お店の後方にある大テーブルに腰をおろし、メニューから、アントレーのクレープまたはそば粉のガレットと甘いクレープの、両方がセットになったランチコースを頼むことにしました。

まずは、リンゴの一番絞り果汁から作った発泡酒シードルで、ブルターニュ地方の気分を味わっているところへ、(東京に住んでいる外国の方たちなのでしょうか。)カッブルの方たちがやって来て、同じテーブルの隣に座りたいとのことで。こんな予期しない偶然の出会いって素敵ですね。自己紹介を済ませた頃に、次のコースの小さなグリーンサラダと続いて、アントレーのシーフード・ガレットが運ばれてきました。海の幸に、しっとりしたクリームソースが溶け合って美味しかった。私の隣のお二人は、スモーク・サーモンのガレット、それに卵とトマトのガレットを注文されました。

私たちの会話が楽しく弾んで盛り上がっていくうちに、それぞれ異なったガレットを共有しながらの味わいも充実して、美味しさがさらに広がっていくようでした。こんなランチのひとときも、クリームチーズとラズベリージャムのクレープ、それに塩キャラメルのクレープのデザートを3人で頂いて、和やかにフィナーレとなりました。

「オ・タン・ジャディス」での、素敵で思いがけない午後の一コマでした。

------------------------------------------------------------

Finding a Spot at Au Temps Jadis in Tokyo

On one summer afternoon during my stay in Tokyo, I visited a crepe
café in Tokyo. My friend recommended it for me and the name of the
place is called “Au Temps Jadis.” On the small street just off the
bustling Kouen-dori in the Shibuya area, I found the neighborhood
quieter and spotted a nice brick building.

a0097015_1592247.jpg

I went downstairs and open the door to enter Au Temps Jadis.
The café was small, open, and charming. I immediately felt
comfortable and sat down at a big table in the back of the café.
From the menu, I chose the set menu that offered both an entrée
crepe and a dessert crepe.

I started my lunch with a glass of Cidre, a typical apple drink from
the Bretagne region of France. After a while, a couple came to my
table and asked me if they could join me. I found this type of
unexpected meeting interesting. We introduced ourselves to one
another. Then the server brought me a small green salad and
followed after it came a delicious seafood crepe in cream sauce.
The couple next to me ordered a smoked-salmon crepe and an egg
& tomato crepe.

As our conversation became lively, our sharing experience of
different crepes got even more enjoyable. We completed our lovely
lunch by sampling the two different kinds of dessert crepes with
cream cheese & raspberry jam and salt & butter & caramel.

What a pleasant afternoon that I had at Au Temps Jadis.

-------------------------------------------------------------
Trouver une table dans Au Temps Jadis à Tokyo

Un après-midi d’été pendant mon sejour à Tokyo, je suis allée à une
crêperie qui s’appelais “Au Temps Jasis” à Shibuya. C’était la crêperie
que une amie m’a recommendé. Dans une petite rue près d’avenue
Kouen-dori qui était toujours très occupée, j’ai trouvé un bâtiment en
brique. Ce quartier était assez calme.

a0097015_1572218.jpg

Je suis descendue l’escalier et j’ai ouvré la porte de la crêperie.
Le café était petit, clair, et charmant. L’ambience était très confortable
pour moi et immediatement je me suis assise à la grande table au
fond du café. De la carte, j’ai choisi le menu special du déjeuner qui a
offert une crêpe ou une galette comme un plat principal et une crêpe
comme dessert.

Quand j’ai commence par un verre du Cidre, une boisson typique de
Bretagne, un homme et une dame occidentals ont approché de mon
table et m’a demandé si ils pourraient s’asseoir à côté de moi.
Nous nous ont présenté les uns les autres. J’aime beaucoup ce type
d’une coincidence intéressante. La serveuse m’apporté une petite
salade verte suivi du plat de la galette de fruits de mer à la crème.
Ils ont pris une galette du saumon fumé et une galette des oeufs et
tomates.

Plus notre conversation est devenue vivante plus notre experience
de partager des galettes et des crêpes est devenue amusante.
Nous avons fini notre déjeuner par partager les deux types des
crêpes differentes, une avec lu fromage frais à tartiner et de la
confiture de framboise, et une autre avec le caramel au beurre salé.

J’ai passé un magnifique après-midi dans Au Temps Jadis.
[PR]
# by yoshie_YW | 2007-08-07 14:53

Chamber Music Concert on the Stanford Campus

室内音楽四重奏コンサート

平日のランチタイムを利用した、夏の間の無料コンサート。
スタンフォード大学のキャンパスという、明るくて自由な雰囲気がいい。

セント・ローレンス管弦楽カルテットは、スタンフォード大学所属のグループ。この大学のキャンパスの他、米国内外のコンサートツアーも行って活躍中。
3人は男性(2人がバイオリンで1人がピアノ)、1人は女性のチェリスト。
a0097015_013757.jpg

この日のプログラムは、ブラームスのコンチェルトGメジャー。
4楽章から成るこの曲はメリハリがあって、美しい調べに耳を澄ませる。
カジュアルなシャツとズボン姿での演奏に、心がいつしか和んでいく。
厳かな雰囲気のコンサートホールで聴く、シンフォニーのコンサートもいいけど、
こんな身近な感覚での演奏も、別の意味でとても素晴らしい。
曲が進むにつれて、演奏者の顔の表情も、手足の動きも活発になる。
それにしても、なんとダイナミックな動きを見せるカルテットなのだろうか。
足先でリズムを取り、手足を上下左右に大きく動かし、時には椅子から半ば立ち上がるようにしながら、全身で音楽を表現していく。
4人の演奏者の呼吸とリズムも、ピッタリと同期して、その調和は実に見事だ。

日常の中で、もっと関心を寄せることで、造形美術との遭遇の機会が増えていく。
ちょっとしたタイミングを上手に捉えることができれば…

---------------------------------------------------------------

Chamber Music Concert: St. Lawrence String Quartet

A free lunch-time concert series that take place on weekdays during
summer.
The atmosphere on the Stanford University campus is open and casual.

The St. Lawrence String Quartet is a resident group at Stanford
University. They actively give concerts on the campus, in the U.S., and
overseas.
They are three men (two violinists and a pianist) and a female cellist.
a0097015_0141491.jpg

The programs for this afternoon was Concerto G Major by Brahms.
This piece consists of four dynamic movements.
And I listened to the beautiful chamber music.
They were dressed in casual shirts and pants…my heart was calming
down.
It would be nice to listen to a chamber music concert in a formal
concert hall, but I would equally enjoy this type of casual concert.
While they were playing the piece, the expressions became active
on the players’ faces and with their arms and legs.
I was impressed by their exceptionally dynamic movement.
They were taking the rhythm with their feet, actively moving their
arms and legs in all directions, were almost half-way rising from the
chairs at times, and expressing with their whole bodies.
The four players were in perfect balance in their timing for breathing
and responding to the rhythm.

The more we become attentive in our daily lives, the more we create
an opportunity for experiencing the various types of performance art.
If only we could capture the subtle moment of things…
[PR]
# by yoshie_YW | 2007-07-02 00:08 | 日記・エッセイ

Taking a Walk at Stanford Shopping Center

The Stanford Shopping Center in Palo Alto to me is a very unique and
interesting place. A variety of individual shops are lined up as if they
are built on wide rows of streets. The parking lots are laid out around
the shops area in the outer square. Once you park your car, you feel
that you are stepping into a courtyard or a garden with the shops
attached to it.

a0097015_14523459.jpg

What I enjoy the most about this shopping center is to take a walk
around the shops as the flowers and plants are arranged and
maintained beautifully throughout this place. The current season is
somewhere between the spring and summer: This afternoon I saw
some roses, pansies, carnations, and lilies in different colors.

--------------------------------------------------------------

スタンフォードショッピングセンターで散歩を楽しむ

パロアルトの街にあるスタンフォードショッピングセンターは、私にとって非常に不思議で魅力的な場所です。ここにはいろいろなお店があり、幅の広い通りに建ち並んでいるかのようなレイアウトになっています。駐車場は、これらのお店のあるスクエアを周りから囲むようにして、外側に設けられているため、車から降りて歩き始めると、お店付きの中庭や庭園に、足を踏み入れたような気持ちがしてきます。

a0097015_14551643.jpg

このショッピングセンターで私が一番気に入っているのは、お店の周りを散歩することです。この中庭のような場所には、さまざまな種類の奇麗にお手入れされたお花や植物が、いたるところに溢れかえっているんです。今の季節は、ちょうど春と夏の間の中間というところでしょうか。この午後、私の目に留って楽しませてくれたのは、色とりどりの薔薇や三色すみれ、カーネーションや百合の花でした。

----------------------------------------------------------------
Marcher au Cenre Commercial Stanford à Palo Alto

Le Centre Commercial Stanford à Palo Alto pour moi est un endroit
très unique et intéressant. Il y a des magisins différents et ils sont
arrangé comme si ils sont dans la rue spacieuse. Les parkings sont
autour des magasins. Après on gare sa voiture, on peut profitee
d’endroit comme une cour ou un jardin qui comprend des magasins.

a0097015_14553755.jpg

J’aime me promener au Centre Commercial Stanford. C’est la meilleur
activité ici pour moi parce que cet endroit est plein de fleurs et plantes.
Maintenant c’est entre le printemps et l’été. J’ai vu des roses, des pensées, des oeillets, et des mguets en couleurs différentes.
[PR]
# by yoshie_YW | 2007-06-17 14:45 | Sun Franciscoのお店

Family Hero / 輝ける女たち

東京の文化村映画館で「輝ける女たち」を観ました。これは、最近リリースされたフランス映画の1つで、ティエリー・キルファ氏が監督した作品です。この物語は、キャバレーの経営者であるガブリエルが亡くなるところから始まります。ガブリエルは、親しくしていた関係者達に遺言を残していて、彼が経営所有していたブルー・パロットキャバレーは、二人の名付け子に譲られることになったのです。この二人は、ガブリエルのお店の共同経営者だったニーノの息子と娘で、それぞれ母親が違っていました。
a0097015_10353292.jpg

この映画について、私が特に感銘を受け、印象に残ったことがいくつかあります。

1つは、一人の人間の死によって、他の残された人達に与えられる影響は大きいということです。ガブリエルの死の知らせを聞いて、親しくしていた人々が一同にニースのブルー・パロットに集まってきます。彼が生きていた頃は、過去のことはとりあえず保留ということで、それぞれの日々を送っていた人達が、一同に呼び寄せられるという場を持たされたために、これまで避けて通ってきた、過去の古傷に晒されるような、現実に直面することになるのです。この長い沈黙を打ち破っての、突然の変な再会を通し、主人公達は、否が応でもそれぞれの過去を振り返ることになり、未解決のまま放置されていた古傷も新しい目で手当てをすることになって、癒される時が来たことを認識します。そして、再び現在の状況に立ち返って、さらに未来へと向かって前進をしていきます。ガブリエルの死は、これらの主人公達に対し、カタルシスの役割を演じているのかもしれません。

もう1つは、この映画に登場する主人公達は、ごくありふれた普通の人達なのに、人間としても人生経験の豊かな俳優たちが演じているせいなのか、人間としての味とか深みや陰影などが加わって、人工的でない自然な良さが出ていたことです。どの主人公も、完璧や理想の人物像からはほど遠く、弱さも短所もあり、過去の古傷まで引きずっているけれども、でもそこが親近感を与えているし、自然な人間の姿だと思います。私は、こういった、ありのままの主人公の一人一人に心地よさを感じると同時に、そこに彼らの人間としての魅力をも見いだしました。それは、カトリーヌ・ドヌーブ、ミュウーミュウ、クロード・ブラッサー、ジェラール・ランバンなどが、俳優としてだけでなく人間・男性・女性としても年齢や人生経験を重ねてきている故の重厚さや憂いなどが、主人公達の上にも折り重なり、一体となって、映像を通して観ている私たちの心にも、語りかけてくるからなのかもしれません。

最後に、この映画のテーマ曲となっている「THE ROSE」もこの映画には欠かせない、とても大切な要素になっていることです。ガブリエルの死が、それぞれの主人公に影響を投げかけたと同様に、この曲も主人公達をつなげるという象徴的な意味をもたらしていると思いました。この曲のオリジナルは英語で、ベット・ミドラー主演の映画「THE ROSE」の主題歌でした。映画の中に、ニーノの娘であるマリアンが、ブルー・パロットのステージで、この曲をフランス語で歌う場面が出て来ますが、映画が終わった後でも、 いつまでも余韻が残ります。実に感動的で素晴らしいシーンでした

-----------------------------------------------------------------

Le Héros de la famille

J’ai vu le film “Le Héros de la famille” à Tokyo. C’est un des films récents qui vient de la France et c’est un film de Thierry Kilfa. Le film commence par le mort du propriétaire du cabaret (le perroquet blue). Il a légué
an testament à ses filleuls. Ils sont le fils et fille de son partenaire,
Nino, et ils ont les mères differentes.
a0097015_1039075.jpg

Il y a trios choses qui sont très speciales pour moi sûr ce film.

1. L’effet du mort d’un homme sûr les autres gens lié

Le mort de Gabriel a ramassé tout le monde lié ensemble au perroquet
blue à Nice. Quand il était vivant, chaque personne vivait avec son
passé en attente. Les personnages principals ont été forcé à avoir
affaire ses passés qui auraient pu être pénible parce que ils s’ont
revu encore après le longtemps. Pendant ses séjours à Nice, ils sont
revisités ses passés, il ont surmonté les problèmes non résoles, et il
ont avancé aux present et avenir. Le mort de Gabriel a joué de rôle
d’une purification pour chaque personnage.

2. Les personnages croyables de gens ordinaires qui sont autorisé par les acteurs et actrices bien éxperimentés

Personne n’est parfait ou idéal. Tous les personnages principals
possédent la faibless, la défaut, ou la blessure honteuse de ses
passés. Cependant au même temps ils sont vraiment naturels et
humains. J’ai senti très agréable aux les personnages principals et
j’ai vu le charme dans chaque personnage. Je me demande pourquoi
je suis enchantée par eux. Je crois que c’est parce que ces mûrirs
acteurs et actrices pourraient émettre les personnages avec ses
éxperiences des vies. Catherine Deneuve, Miou-Miou, Claude Brasseur,
et Gérard Lanvin étaient magnigiques.

3. La chanson dans le film jouant un rôle très important

Comme ce que Gabriel a fait au tout le monde lié, cette chanson a mis
les personnages principals en contact d’une façon plus symbolique.
La chanson originale, c’est “La Rose” de Bette Midler qui ont chanté
en anglais. On ne peut pas manquer la scène où Marianne (la fille de
Nino) chante cette chanson en français au cabaret du perroquet blue. C’était simplement superbe!

--------------------------------------------------------------

The Family Hero

I went to see “The Family Hero” in Tokyo. This is one of the recent
movies from France directed by Thierry Kilfa. The movie starts with
the cabaret owner Gabriel’s death. He left a will to the related people
and the future business of cabaret (Blue Parrot) was handed over to
his god children. They are the son and daughter of his partner, Nino,
and each of them has a different mother.

I have three things that stand out in my mind about this movie.

1. The effect of one person’s death over the other people who
remain


The death of Gabriel brought all the related people together at the
Blue Parrot in Nice. While Gabriel was alive, everyone was living a life
with their past on hold. By seeing one another again after so many
years, each of the main characters was forced to deal with their past
that might have been painful to look at. Over the course of their
reunion, they all went back into the past, overcame their unresolved
problems, and moved onto the present and into the future. The death
of Gabriel in a way played a role of catharsis to each of the characters.

2. The realistic characterization of ordinary people empowered by the veteran actors and actresses
None of the main characters are nearly perfect or ideal. They all
possess weaknesses, shortcomings, or ashamed wounds carried
from their past, yet at the same time they are so natural and humane.
I felt very comfortable with each of these characters and saw a charm
in each one. I wonder why I am so enchanted by them. This may be because the mature actors and actresses could radiate the characters with their own lifetime experience. Catherine Deneuve, Miou-Miou,
Claude Brasseur, and Gerard Lanvin were wonderful.

3. The theme song in this movie playing a pivotal role

Just like what Gabriel did to everyone related, this song also brought
the main characters together in a more symbolic sense. It is The Rose,”
originally sung by Bette Midler. There is a stunning scene in the movie
where Marianne (Nino’s daughter) sings this song in French on the
stage at the Blue Parrot Cabaret.
[PR]
# by yoshie_YW | 2007-06-03 10:22 | シネマ

Freedom Writers

I saw Freedom Writers on the plane bound for Tokyo. I didn’t recall this movie –The title didn’t leave me enough impact. As the movie started,
I found out that it had been released this year and that Hilary Swank
had starred in it.

Swank played a new high school teacher who teaches the kids labeled as “social failure” (mostly Hispanic or Black, poor, from dysfunctional
family, rejected, hurt, insecure, rebellious, etc.). I was struck by this
young teacher for her determination. She carried a strong sense of mission to serve these kids at-risk. She showed them how they could break their old pre-conceptual beliefs and habits to live a satisfying life.
As a class project, she introduced the kids the Diary of Anne Frank and gave them an assignment of keeping journals about their daily lives.
The intended objective for the kids was how they could apply the
lessons learned in the history to each of their situations. She made
the kids to be the Freedom Writers of their journals.

This is the human relationship that starts with love and care for others. Mutual trust cannot be attained overnight, but this movie shows that it surely is built if you continue to make an effort with sincerity. I thought that it was truly a provocative and touching movie.

Hilary Swank isn’t necessarily placed as one of the top actresses, but
I feel she carries a unique quality that makes her stand out when she
performs diverse yet challenging roles. She was absolutely impressive
when she took on the character of a boy experiencing a self-discovery
in the Boys Don’t Cry by Kimberly Peirce and the role as a female boxer
in the Million Dollar Baby by Clint Eastwood.

-------------------------------------------------------------

フリーダムライター

最近成田へ向かう機内で「フリーダムライター」を観ました。このタイトルは私の記憶の中ではなぜか印象が薄く、どんな映画なのかもよくわからないままにチャンネルを合わせて映画が始まりました。そこで改めてこれが今年リリースされたばかりの作品であったことやヒラリー・スワンクが主演していたことなどを知るに至ったわけです。

この映画で、スワンクは新任高校教師を演じています。そこで社会的に「落ちこぼれ・問題児」とみなされている生徒たちを受け持つところからこの物語は始まります。生徒達は南米からの移民や黒人が多く、家庭環境も貧しかったり不和だったりして、疎外されたり傷ついていたり反抗的になっています。私はこの若い女性教師の目的に満ちた貫徹精神に感銘を受けました。これらの落ちこぼれの生徒達に対して教師として施すことが、彼女の生涯を懸けた使命であるという確固たる意識を持っているんですね。そして、どうやってこれまで生徒達を縛ってきた既成概念や古い習慣を打ち砕いて、満ち足りた人生を築いていくかということを、実体験を通すことによって生徒達に教えていきます。彼女は「アンネの日記」を読むように1冊ずつ配布し、日常生活の中で思ったことについて毎日日記を書くことをクラスのプロジェクトとして生徒達に課すのです。「アンネの日記」という過去の実例を使って、いかにしてそれぞれの生徒達が自分の状況へと応用して学んでいくかということがこのプロジェクトの意図するところです。このへんの彼女の導きと生徒達の自己への目覚めという過程の描かれ方が素晴らしいですね。彼女のこのプロジェクトによって、生徒達は個々の日記のフリーダムライターに成るというお話です。

人間関係は、相手への愛や思いやりに根ざしていて、そこから育まれていくものではないでしょうか。相互の信頼関係は、一朝一夕では生まれません。しかし、じっくりと時間をかけ、誠意を持って心がけていくことで、それは確実に築かれていくのだという大切な真理を、この映画は教えてくれているような気がします。この映画を観て、改めて自己や人生や人間関係のあるべき姿について考えさせられ、大いなる感動を呼び起こされました。

ヒラリー・スワンクは必ずしも大女優の筆頭の一人としてすぐに名前が上る人ではないけれども、幅広い且つ難しい役柄を演ずるに当たって、何か彼女独特の特質を持っていて、それがキラッと光る人であると思います。キンバリー・パース監督の「ボーイズ・ドント・クライ」で、女の子でありながら男装をして男の子として振舞う主人公が自己発見をしていく様を演じたり、クリント・イーストウッド監督の「ミリオン・ダラー・ベイビー」での女性ボクサーの生き様を演じきったスワンクは見事でした。
[PR]
# by yoshie_YW | 2007-05-28 15:52 | 日記・エッセイ